『サッカーへの思い』
中一 石川 友亮
ぼくは、今までサキチをやっていてとてもいい所だなぁと思いました。他にも友達がいて、何だかたのしいなぁと他にもいろいろな事を思ったりします。ぼくは、いつもサキチで練習をやっていると、とても試合で役に立つ技やテクニックを教えてもらっているから、とてもぼく達は得をしているといつも思います。他にもリフティングの技を教えてもらったり、他にもたくさんの技やいろいろな事を教わったりしているから、とてもここはいいなぁと思いました。ぼくは、サキチにたいしてとても感謝しています。それは何かとういとサキチのおかげでとてもたくさんの友達ができて、前よりもサッカーが上手くなったからです。これからももっとサッカーが上手くなりたいから、まだサキチはやめずもっとがんばれるようにしたいです。他にも、コーチなどの人達などにも感謝をしています。これからももっと人の話をちゃんと聞いてがんばってやっていきたいです。


『ぼくとサキチ』
中一 三橋 秀哉
ぼくは、サキチで数少ない中学生の一人です。その中でさつなだ君に一番勝ちたいと思っています。そのためには、サキチで技をまなんで上手くなっていきたいです。時々、りゅうたコーチから個人的に色々な技をおしえてもらいます。その技は、部活やじしゅトレなどで練習してマスターできるようにがんばっています。でもまだ試合でその技を使ったことがないので、より実践的にやっていきたいです。サキチでは、他のところでは、やりそうにない練習で、それほどハードではなく楽しくできます。今年、中学になって、いっしょにやっている、山田真言君がのびてきていると思うので、サキチへきて負けないようにがんばって、さつなだ君もこしたいと思っています。なので、サキチでまなんだことをたくさん練習して、りゅうたコーチをぬけるくらい練習してがんばっていきたいと思います。


『サキチ』
中一 勝山 椋介
ぼくが、いままでのサキチをふり返ったら、たくさんの思い出が頭の中にうかんできました。大久保キャンプ場へ行ったことや、これまでのサキチの練習などがうかんできます。でもぼくの一番心に残っていることは、今までの練習です。練習をさぼって岩本コーチにおこられたりしました。でも岩本コーチは、熱心にクリスティアーノ・ロナウドの技などなど、岩本コーチが知っている技をできるまで教えてくれました。まだできない技もあるけど、完全にマスターして、試合などで使えるようにしたいです。2年生になってもまだサキチにはいっていると思うので、これからのサキチ練習を熱心にやりたいです。また、新しい技をたくさんおぼえたいです。


『ぼくとサキチ』
中三 山本 芽張
自分が思うにこの大久保キャンプは、中学生最後の夏の思い出の一つでありました。家を出てテントで生活し自分のことは自分でやり、さらに小さな子どもたちの面倒まで見て生活をするのは、とても貴重な体験でした。この体験をもって自分はとても大切なことを知りました。それは、母親と父親の大切さです。なぜなら、この大久保キャンプ場では、自分のことは自分でやらなければならないので、親がどれほどのものをどれぐらいの量をやってたのか少しながらわかった気がします。しかしこれは、親のやっていることのほんの一部なので、これにプラスして仕事や掃除さらに社会への貢献をしなければなりません。なので親になるには、これほどのことをやらなければならないのです。このようなことを毎日やった母親と父親にこの大久保キャンプに行かせてくれたことに感謝します。

←『平成22年度』ページに戻ります。